ご予約とお問い合わせ

◾️形成外科 皮膚科 アレルギー科 美容外科のお問い合わせはこちらでお受けしています。

手術について

手術時間 月 火 木 金 13:00-16:00
水 10:00-16:00
手術予約の流れ
1 、医師の診察にお越しください。手術方法や経過などご説明いたします。
2、手術をお受けになる場合はご都合のよい日程をご相談ください。
3 、採血検査をおこないます。
4、 同意書をお渡しいたします。
5、 採血検査に特段お変わりがなければ、手術当日にお越しください。
よくあるご質問

◾️術前から術後まですべて医師が診察いたします。
◾️術式も幅広くお受けしております。ウェブサイトに掲載していない手術もございます。医師にご相談ください。
◾️ご紹介の方も、まずは診察時間にお越しください。
◾️手術の電話予約はお受けしていません。

ご予約について

■美容診察
初診の方
初診の診察時間に、まずは診察にお越しください。
■美容診察
再診の方
再診の方は、ご予約がお取りできますが直接お越しくださっても結構です。なるべくお待たせしないように配慮いたします。
◾️2回目以降の美容処置について ご予約いただくとスムーズにご案内できます。
◾️保険診療の方 基本的に予約は承っておりません。
◾️初診の方は問診票が書き終わった方よりカルテをお作りします。不備のある方は後になりますのでお気をつけください。
◾️症状や保険証の変更、その他住所などの変更などにより順番が前後する場合があります。ご了承ください。
◾️予約希望の方は診察料に加えて特急券2000円(税別)が必要となります。

皮膚科の15歳以下の診察は新規受け入れを停止しています

近年、アレルギー学会の取り組みには目覚ましいものがあります。

吸入指導の普及もその一つです。
デバイスの種類は多く発売されるようになりました。成長に合ったデバイスを選択してもらってください。
実際に吸入してみること、その評価をしてもらうことが大切です。
一度吸入できたデバイスであっても、後日うまく吸入ができなくなっていることはよくあることです。注意深く見守ってあげてください。
多くの施設が吸入指導を行えるようになりました。きっとお近くにもあるはずです。ご相談してみてください。

食物アレルギーにもアレルギー学会は力を入れています。
食物アレルギーと正しく付き合うためには、”本当に食べてはいけない食べ物”を同定することが大切です。
例えば卵アレルギーがあると卵を食べた直後に蕁麻疹が出たり時間が経ってからブツブツが出た場合。
問題になることは本当に食べ物が原因であるのか?仮に食べ物が原因であるとすると完全除去が必要なのか?
少ない量であれば食べられるのか?調理方法によっては食べられるのか?心配になりますね。
経口負荷検査が有用です。

次に問題になるのは、”解除”です。
お子さんが集団生活を始める上においても大切です。
成長と共に食べられるようになっている、あるいは調理方法などにより食べられる食物は少なくありません。
除去した食物の開始をいつにするか?どのくらいの量をどのような調理方法で食べ始めるか?
根拠になる検査がないと不安になりますね。いちばん多いご相談です。
こちらも経口負荷検査が有用です。

以前は除去と開始、検査の方針は小児科医や皮膚科医でも判断の分かれるところでした。
ですが、これもアレルギー学会の取り組みより、その検査方法がマニュアル化され、近年は均一化されてきたように思います。
できる限り食物を完全除去にはせずに、症状が出ない程度で摂取することが重症化させない対策として推奨されていますが、どうしても除去しなければならないケースはあります。その部分は慎重に進ます。

お子さんに”かかりつけの小児科を持つ”ことは実はとても大切なことです。
お子様の病気は突然で急速に症状が転換しがちです。
急な熱発、アレルギー、日頃のスキンケア、栄養やカロリー管理、発達、心の問題、アスリートを目指すお子さんや受験生向けの補食(おやつ、間食)などにも一括して向き合ってくれる”熱意ある”先生が大阪市には数多くいます。24時間体制で土日祝日も対応してくれている心強い開業医の小児科医も多くなりました。皮膚科でカバーできない部分を熱心な小児科の先生方に補填をお願いし交流する中で一元治療の大切さを話し合いました。
きっと皆様の力になってくれると思います。ご希望があれば紹介いたします。

尚、現在、通院中のお子様はこのまま継続して治療させていただきます。

大江橋クリニック

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-2-5 大阪JAビル1階 大江橋クリニック
■形成外科・美容外科
■皮膚科・アレルギー科
☎️06-6365-3500

powered by crayon(クレヨン)